20210220

グローバルに第一線で歯科界を牽引する各分野のオピニオンリーダーによる共演です。
Day1はオンライン開催となります。インターネットにアクセスできるタブレット、携帯電話をご用意の上、お好きな場所からご参加ください。

イベント概要

開催日時
2022年2月20日(日)
9:30 - 19:00
会 場
オンライン開催
※当WEBサイトのログインページよりセッション会場へアクセスいただきます。
参加費
お一人あたりの申し込み費用
早期申込:40,000円
通常申込:44,000円
※価格は全て消費税込みの表記です。
申込方法
本イベントは完全予約制となっております。

プログラム

リスクアセスメントを踏まえたう蝕予防の全体像
〈スピーカー〉
Dr. Gunnel Petterson
〈モデレーター〉
Dr. TAKAYUKI NAKAGAWA
〈講座概要〉
Caries risk assessment and caries management

齲蝕のリスクとは?
歯科医師は、患者のカリエスリスクに対して臨床的な感覚を持っていることが多い。しかし、本来のカリエスリスクを特定し、リスクに対する予防策を提供することは簡単ではない。個人のカリエスリスクプロファイルを作成する場合、いくつかの要因を考慮し、総合的に判断しなければいけない状況に直面する。スウェーデンでは、SKaPa(Swedish Quality Register for Caries and Periodontitis)と呼ばれるリスク判別ツールを用いている。これは、口腔保健の促進や、リスクに対する戦略の意思決定の手助けになるであろう。

齲蝕リスクをどのように評価するか?
リスク評価は、複雑なプロセスである。リスク評価を表現しやすくするためカリエスリスク評価モデル「カリオグラム」が開発された。患者は診療所で診察を受け、過去のう蝕経験、食事、口腔衛生、フッ化物、特定の細菌の存在、唾液因子などの情報を収集し、「スコア」に変換してプログラムに入力する。アルゴリズムに従って、プログラムはデータを評価し、要約された重み付けされた結果を提示する。患者さんのリスクプロファイルは、う蝕関連因子の相互作用を示す円グラフとして表現される。

カリオグラムの評価方法は?
カリオグラムは、臨床現場において、プログラムのカリエスリスク評価と一定期間の実際のカリエス増加を比較する縦断的な研究で評価されており、様々な研究から得られたいくつかの結果が報告されている。今回、カリオグラムを患者のモチベーションを高めるツールとして活用する方法や、患者に合わせたアドバイスについても紹介する。
  • Dr. Gunnel Petterson

    Dr. Gunnel Petterson

  • Dr. Tsuchiya

    Dr. TAKAYUKI NAKAGAWA

デジタルスマイルを用いたセラミックベニアレストレーションの真髄
〈スピーカー〉
Dr. Nazariy Mykhayluk
〈モデレーター〉
Dr. KAZUHIKO TSUCHIYA
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. Nazariy Mykhayluk

    Dr. Nazariy Mykhayluk

  • Dr. Tsuchiya

    Dr. KAZUHIKO TSUCHIYA

歯周病患者におけるアライナー矯正の適応と応用
〈スピーカー〉
Dr. Ronny Lie
〈モデレーター〉
Dr. SHUICHIRO OKANO
Dr. TAKAO MINAMIDATE
〈講座概要〉
本発表では、歯周病を患っている患者さんの治療を計画・実施する際の、歯周病専門医との連携による矯正歯科治療に焦点を当てます。現在、矯正歯科治療を希望する成人が増えています。このような需要の増加に伴い、臨床家は基礎的な歯科疾患や歯周病に対処する必要性に迫られています。つまり、矯正治療を開始する前に、歯と歯周病の両方をコントロールする必要があるのです。歯列矯正のメカノセラピーは、治療の副作用を引き起こすことなく、良好な結果が得られるように変更または適応する必要があります。また、クリアアライナーを用いた治療についても説明し、矯正治療がどのように行われるのかを症例を交えて解説します。
  • Dr. Ronny Lie

    Dr. Ronny Lie

  • Dr. Ronny Lie

    Dr. SHUICHIRO OKANO

  • Dr. Ronny Lie

    Dr. TAKAO MINAMIDATE

エアウェイデンティストリー、歯科と呼吸管理の最新潮流
〈スピーカー〉
Dr. Michael Candrell
〈モデレーター〉
Dr. TAKANARI MIYAMOTO
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. Michael Candrell

    Dr. Michael Candrell

  • Dr. Takanari Miyamoto

    Dr. TAKANARI MIYAMOTO

根管洗浄の基本から革新的な根管洗浄システムGentlewave systemの考え方
〈スピーカー〉
Dr. Sonia Chopra
〈モデレーター〉
Dr. YASUHIKO KAMURA
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. Gunnel Petterson

    Dr. Sonia Chopra

  • Dr. Yasuhiko Kamura

    Dr. YASUHIKO KAMURA

デジタルを利用した歯周組織再生療法の最新テクノロジーと未来予想
〈スピーカー〉
Dr.Giulio Rasperini
〈モデレーター〉
Dr.TAKAAKI KISHIMOTO
〈講座概要〉
今日の歯科医療では、患者からの審美的な要求が歯周病学の主な課題となっています。明らかな機能的結果に加えて、特に患者の期待が高い前歯部において、審美的成功を収めることが重要になっています。
歯周病の創傷治癒の生物学を理解することは、治癒段階を尊重し保護することにつながります。 歯周病の新分類は、Clinical Attachment Level(I-CAL)に基づいています。
古典的な歯周組織再建手術の目的は、骨縁下欠損を再生することや、歯間乳頭の陥没を改善することです。
ここ数年、臨床的・生物学的な再生コンセプト、生体材料、新しい外科技術が開発されたことにより、患者の要望に応え、長期的に予測可能な結果で、歯間乳頭や歯間部のアタッチメントを再生することが可能になりました。本講演では、最新の再生療法テクニックも含めてお話しできればと思います。
  • Dr.Giulio Rasperini

    Dr.Giulio Rasperini

  • Dr.Takaaki Kishimoto

    Dr.TAKAAKI KISHIMOTO

接着歯科学における最新マテリアル論
〈スピーカー〉
Dr. Markus B. Blatz
Dr. JUNTA KIDO
〈講座概要〉
準備中

※本セッションは終了後の振り返り視聴の対象となっておりません。
  • Dr. Markus B. Blatz

    Dr. Markus B. Blatz

  • 木戸 氏

    Dr. JUNTA KIDO

視聴方法

「INTERNATIONAL SESSION 世界の潮流を知る」はオンラインで視聴することができます。

開催当日は、当ページにログインできるようになり、パソコン、スマートフォンを問わず、お好きな場所で、セッションを視聴することができます。

申し込みいただいた方に、開催当日までに当ページのログインのためのIDとパスワードをお送りします。

Scheduleタイムテーブル

2021.11.1 現在のスケジュールです。

9:30


9:40
オープニング
9:40


11:40
Dr. Gunnel Petterson
リスクアセスメントを踏まえたう蝕予防の全体像
Dr. Nazariy Mykhayluk
デジタルスマイルを用いたセラミックベニアレストレーションの真髄
12:20


14:20
Dr. Ronny Lie
歯周病患者におけるアライナー矯正の適応と応用
Dr. Michael Candrell
エアウェイデンティストリー、歯科と呼吸管理の最新潮流
14:40


16:40
Dr. Sonia Chopra
根管洗浄の基本から革新的な根管洗浄システム
Gentlewave systemの考え方
Dr.Giulio Rasperini
デジタルを利用した歯周組織再生療法の最新テクノロジーと未来予想
17:00


19:00
Dr. Markus B. Blatz
接着歯科学における最新マテリアル論

参加申し込み

以下のフォームよりお申込みください。

お申し込みはこちら
10X Education受講生は
こちらからお申し込みください