20210225

2022.2.25 1Day Premiere Session中止のお知らせ

2021年11月30日、新たな変異ウイルスの感染が世界的な広がりを見せていることから、全世界を対象として、海外から日本国内への新規入国が全面的に停止となることが発表されました。

このことを受け、2022年2月25日に開催予定でありました「1Day Premiere Session」は、メインスピーカーであるPHIJファウンダー Dr. Michel McGuire をはじめ、登壇者の方々を日本に迎えることが困難な状況となったため、大変残念ではございますが、UPDATE MEETING 2022 では、2022年2月25日の「1Day Premiere Session」を開催しない旨の決定をいたしましたことをお知らせいたします。
既にお申し込みされた方へは、別途Eメールにてご連絡の上、随時返金手続きを行って参ります。

なお、「International Session ~世界の潮流を知る~(2022年2月20日開催予定)」および「2Days Growth Mindset Session(2022年2月26日、27日開催予定)」については、現状では開催への影響はございません。

"Prognosis, past, present and future "

6名の米国歯周病専門医・米国歯周病学会ボード認定医が「歯の予後に関する過去と未来」をお伝えします。

Dr. TAKAAKI KISHIMOTO

Dr. TAKAAKI KISHIMOTO

Dr. Panos Papapanou
Dr. Panos Papapanou
Dr. E.Todd Scheyer
Dr. E.Todd Scheyer
宮本貴成先生
Dr. TAKANARI MIYAMOTO
Dr. Michel McGuire
Dr. Michel McGuire
Dr. TEPPEI TSUKIYAMA
Dr. TEPPEI TSUKIYAMA

本講演登壇者であり、PHIJファウンダーのDr. Michel McGuireは、1991年に”Prognosis versus actual outcome: a long-term survey of 100 treated periodontal patients under maintenance care”を発表しました。(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/2002432/)
2021年は、論文を発表し30年となります。この30年の間で、さまざまな歯科医療が登場し、歯の生存率、予後は大きく変化しました。特に再生療法の進歩は予後判定に大きく影響を与えています。

今回、岸本先生には、過去30年間のPeriodontal Prognosisの古典的な文献を総まとめし、レビューしていただきます。
さまざまな文献によれば、遺伝的要因、環境要因、全身的要因などのリスクファクターが、歯周病の理論は「感染」から「炎症」に変遷したとされています。Dr. Panos Papapanouには、そのようなリスクファクターの変化が30年前と比較して「歯周病の病因論」にどのような変化があったか、「現在の歯周病治療の予後」などについてご講演頂きます。

Dr. E.Todd Scheyer、宮本先生には、過去30年間の「歯周再生」の進歩が、歯周病の予後にどのような影響を与えたか、歯周病のメンテナンスに対する患者さんのコンプライアンスの影響や、デジタルテクノロジーが加齢による慢性疾患の管理に対する考え方を変え、予後を改善するためにどのようなポジティブな影響を与えることができるかについてご講演頂きます。

最後に論文の著者、Dr. Michel McGuireには、30年前にどのようにして「予後」の研究の旅を始められたのか、そしてこれから30年後に「歯周病予後」の概念はどのようになるのか、「歯の予後に関する旅」をご講演頂きます。

世界の歯周病学を牽引するトップランナーが集う貴重な機会です。6名の米国歯周病専門医・米国歯周病学会ボード認定医が織りなす「歯の予後に関する過去と未来」について一緒に考えてみませんか。

概要

開催日時
2022年2月25日(金)
9:00 - 18:30
会 場
ストリングスホテル名古屋
〒453-0872 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7
参加費
お一人あたりの申し込み費用
早期申込:100,000円
通常申込:110,000円
※価格は全て消費税込みの表記です。
申込方法
本イベントは完全予約制となっております。

登壇者

30 年間を振り返って・文献レビュー
〈スピーカー〉
Dr. TAKAAKI KISHIMOTO
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. TAKAAKI KISHIMOTO

    Dr. TAKAAKI KISHIMOTO

Periodontal Pathogenesis から考えるPrognosis の未来
〈スピーカー〉
Dr. Panos Papapanou
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. Panos Papapanou

    Dr. Panos Papapanou

Periodontal Regenerationから考えるPrognosis の変遷
〈スピーカー〉
Dr. E.Todd Scheyer
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. E.Todd Scheyer

    Dr. E.Todd Scheyer

Prognosis, Periodontal Maintenance and Artificial Intelligence: the Asua Study
〈スピーカー〉
Dr. TAKANARI MIYAMOTO
〈講座概要〉
準備中
  • 宮本貴成先生

    Dr. TAKANARI MIYAMOTO

Prognosis, “Carousel of Progress”
〈スピーカー〉
Dr. Michel McGuire
〈講座概要〉
準備中
  • Dr. Michel McGuire

    Dr. Michel McGuire

Scheduleタイムテーブル

2021.11.1 現在のスケジュールです。

9:00


9:30
オープニング
9:40


10:40
岸本隆明先生
30 年間を振り返って・文献レビュー
11:00


13:00
Dr. Panos Papapanou
Periodontal Pathogenesis から考えるPrognosis の未来
13:00


14:00
昼食
14:00


15:00
Dr. E.Todd Scheyer
Periodontal Regenerationから考えるPrognosis の変遷
15:30


16:30
宮本貴成先生
Prognosis, Periodontal Maintenance and Artificial Intelligence: the Asua Study
16:40


17:20
Dr. Michel McGuire
Prognosis, “Carousel of Progress”
17:30


18:30
全体ディスカッション

参加申し込み

以下のフォームよりお申込みください。

お申し込みはこちら
10X Education受講生は
こちらからお申し込みください